×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


日本語教師資格試験

日本語教師資格/日本語教師資格試験 /日本語教師資格取得 / 

日本語教師資格

スポンサードリンク






日本語教師資格とは、そもそも、日本語教師とは日本語を母国語としない人、
いわゆる外国からの留学生などの人たちですが、
そういった人たちに日本語を教えている人のことです。

もっと詳しく言えば、日本語を教える訓練を受けた人、
または日本語の指導経験を積んだ人のことを日本語教師というのですが、
いわば日本語を教えている人は誰でも日本語教師だと言えるのです。
なぜかと言いますと、日本語教師資格に公的な資格は必要ないからです。

驚かれるかもしれませんが、日本語教師資格というものは
特に定められてはいないのです。
日本語教師になるために絶対必要な国家資格のようなものはないわけです。
ですから、日本語が理解できるのであれば、
誰でも日本語教師になることは可能なわけです。

ただ、誤解を招くといけませんので詳しく見ていきます。
求人情報誌などの日本語学校などの募集要項を見ると
「有資格者」を応募資格としていることが多いです。
通常、日本語教師の「有資格者」というのは

(1)大学で日本語教育を主専攻または副専攻して修了した人
(2)日本語教育能力検定試験に合格した人
(3)日本語教師養成講座420時間を修了した人、

この3つのうち、1つだけ満たしていれば、
日本語教師資格を持っている人と見なされます。

日本語教育能力検定試験は財団法人日本国際教育支援協会が
実施している民間の検定試験で、年に一回だけ行われます。
日本語教師としての知識と能力が必要とされている水準に
達しているかどうかを試す試験ですが、
合格率が約20%で、かなり難関です。
独学で合格するのは相当難しいといわれているため、
検定試験対策講座や通信講座などでしっかり勉強してから
試験に臨むのがおすすめです。

関連サイト

今さら聞けない!バイトの見つけ方1(基本編)

今さら聞けない!バイトの見つけ方2

内職斡旋にはどんなものが?

バレア内職について?

資格取得するとなぜ良いか?

資格の種類(国家資格と民間資格)

人気資格ランキングをのぞいて見ると・・・

転職時に役立つ資格とは

資格取得の最短は専門学校で

資格取得に便利な通信講座

資格取得「ユーキャン」について

資格取得のための効率的な勉強方法1

資格取得のための効率的な勉強方法2

女性向け資格取得

インテリアコーディネーター資格試験





〜〜 サイトのご案内 〜〜
◆美容関係◆


◆健康関係◆


◆ブランド関係◆

◆就職・転職関係◆


◆ファッション関係◆


◆旅行関係◆

◆保険関係◆

◆住宅・不動産関係◆

◆育児関係◆

◆料理関係◆

◆ショッピング関係◆

◆結婚関係◆

◆福祉関係◆

◆家電関係
◆娯楽・趣味関係◆

◆インターネット関係◆
◆季節もの関係◆


◆ローン・クレジット関係◆


◆話題・その他関係◆